イベント報告「いろんな木材で燻製作りに挑戦」

2018年03月08日

暖かくなった!と思ったのもつかの間、、、。

冬が戻ってきたかのような寒さの一日ですね。

春の不安定な季節晴れの日は花粉も舞うようにもなって来ました。

皆さん体調崩さぬようお気をつけくださいね!

そんななんとなく喉が痛い気もするインタープリターえいちゃんから、

先週開催したイベント「いろんな木材で燻製作りに挑戦」のご報告です!

イベントは3月3日(土)の午後から開催いたしました。

当日はよく晴れ、風もなく、少し体を動かすと暑いくらいの日差しでしたね。

天気の良い中で、無事開催できたことも参加者の皆さんが喜んでいました!

今回は合計9組の参加者さんが集まりましたので、

まずは「燻製のチップを作る」「食材を切り分ける」「火を作る」

の3チームに3組ずつ分かれて活動。

鉋を使って、あたかも鰹節のように3種類の木材をチップにしました。

使った3種類は燻製といったら!な「サクラ」

一宮町といったら!な「モモ」

金川の森といったら!な「コナラ」(クヌギでも良かったけれど、、、)

燻製した食材の味に違いは出るでしょうか??

チップもがんばって作ったので皆さんワクワクしながら燻すのを待ちました。

燻製機から煙が出なくなってきたところで、いざ蓋を開けてみます!

蓋をあけると同時に参加者の皆さんから「おぉ~!」歓声が上がります。

1種類ずつ順番に味をしっかり覚えながら食べ比べました。

お子さんたちはさっぱりとしたスモーク加減の「コナラ」が好き

女性の方たちは少しフルーティな感じがある「モモ」

燻製を家でも試している玄人の方たちは「サクラ」

といった結果になりました!

同じバラ科の仲間でも違いが出ます。

樹種が変われば味や燻された後の色の濃さまで違いが出ました。

煙が出てから15分ほど燻しただけですが、その差は歴然!!

味の違いがわかりやすい「はんぺん」も人気でなにより!!

食べるまでの工程は毎年大変ですが、

食べた時の新しい発見や驚きはそれを上回る感動をくれます。

是非いろいろな樹種を使って自分好みの燻製を試してほしいなと思います。

(針葉樹はやめといたほうが無難ですけども!)

農園や森が多い山梨。

枝払いや間伐などででた材も楽しくおいしく利用できたらいいですね!!

 

公園ブログ内から検索