「森のあったか木モク冬まつり」のご報告

2018年01月24日

先日は雪も降り、寒い日が続いておりますが、

雪の降る前日21日は天気もよく、無事に「森のあったか木モク冬まつり」を開催することができました。

前日までは曇り空に不安を感じていましたが、

当日は風もなく、日差しもあったかい、むしろ暑いくらいのお祭り日和。

たくさんの来場者に恵まれお祭り会場が最初から最後まで賑わい続けました。

クラフトブース等が飲食ブースに負けず劣らずの人気を誇り、

スタッフ達も良い意味で予想を裏切られ、大変うれしく思います。

ドラムサークル会場も一日タイコの音が鳴り響きおまつり会場をにぎやかに演出してくれました。

どのブースにも一度の受け入れ人数に制限があったりと、

ご来場の皆様にも大変ご迷惑をおかけする場面もありましたが、

みなさん列を成してまで各ブースを楽しみにしてくれました。

バウムクーヘンはおいしく焼けましたか?

味には自信があります!!BBQをやるときなど是非真似してみてください。

スプーンはおうちで早速使ってますか?

木のぬくもりをいつでも感じられる素敵なスプーン、ぜひ大事に使ってください。

頑張って切り出したコースターも生活に寄り添う素敵なアイテムです。

森のプロフェッショナルであるきこりさんに、正しいのこぎりの使い方などを学べる機会も、

学びになると、お子さん連れの方にも人気でした。

バードコールはネックレスにもかわいらしく、野鳥と交信できるかもしれない素敵なアイテムです。

鳥そっくりに鳴らせるように練習して、森で鳴らしてみましょう!

土器のストラップは上手にできましたか?

歴史の深い金川周辺では、はるか昔皆さんと同じように焚き火を使って、土器を作っていたことでしょう。

キリンさんCafeでは3種の野草をお茶にして提供してくれていました。

普段目にする野草もお茶にするとハーブのようにさまざまな効果をもたらしてくれます。

ほっと一息森の休憩スペースで野草茶、美味しかったですね。

 

今年のお祭りも「木質バイオマス」をテーマに開催させていただきました。

自然豊かな山梨、しかしその自然も少しずつ人の手入れが薄れてきています。

森を手入れすることで、豊かな自然を維持することにもつながります。

そして管理で出た木材は、燃料や資材としてしっかりと有効利用。

森にやさしい環境づくりに配慮しつつ、自分たちの生活を楽しくすごせたら素敵ですよね。

 

そんな思いでさまざまなブースを企画させていただきました。

今年の冬まつりいかがでしたか?

アンケートではたくさんの感想もいただきました。

誠にありがとうございました!

来年はよりパワーアップした冬まつりを開催しますので、お楽しみに!!!

 

(冬まつり担当インタープリター/えいちゃん)

公園ブログ内から検索