イベント報告「金川の森に鬼がきた!?」

2016年01月30日

今日はなんと金川の森に鬼が来ました。

そんな鬼を退治するために結成された「鬼撃隊」にたくさんの人たちが志願してくれました。

まずは鬼撃隊リーダーである加藤隊長から入隊の儀を行ってもらいます。

(新隊員に節分についてのレクチャーする加藤隊長の姿)

邪気が入ってきやすい季節の変わり目には鬼がやってきて悪さをします。

昔の人々はそんな鬼に対して豆を投げつけ追い払いました。

「豆=まめ=魔滅」魔を滅するという意味からも、

豆まきが悪いものを払うことにとっても適していたんです。

しかし!!

長い歴史の中で散々豆をぶつけられてきた鬼は進化し、なんといつもの豆が効きません!

これがそんな金川の森に現れる鬼の姿です。

(金川の森に現れる赤鬼)

手には金棒ではなくノコギリを持っています。これで園内の木々を切り倒そうとやってきたのです。

金川の森の木はみんなの住む町を守る大切な木々。

そんな大切な森を守るために金川の森でたくさん取れる豆、「どんぐり」を拾い鬼退治に使いました。

(あらたな武器「どんぐり」を拾い集める隊員たち)

あらたな豆に鬼もたじたじ。

どんぐりパワーがすごすぎたのか角も折れ、虎皮の腰巻も取れ、

マントもずれ落ちていました(笑)

(隊員に囲まれ、降参間近の鬼の様子)

最後は隊長にノコギリを渡し、

もう木を切ったりしませんと逃げ帰っていきました。

(反省の印として、ノコギリを受け取った加藤隊長)

毎年来る節分の日ですが、来年もまた悪いものが入ってきてしまうかもしれません。

そのときはまた鬼撃隊の要請をしますので、力を貸してください。

みんなの力で大切な森を守りましょう☆

入隊ありがとうございました!!

( インタープリター / えいちゃん )

公園ブログ内から検索