イベント報告「クリスマス”リス”リースづくり」

2014年12月07日

とても寒くなってまいりました。

金川の森でも紅葉は終わり、秋の森から冬の森にガラッと変わりました。

本日のイベントは「クリスマス”リス”リースづくり」ということで、

リスの食べ物を中心にクリスマスリースをデコレーションいたしました!

リスの簡単な解説から始まり、園内を回ってどんぐりや松ぼっくり、榎の実、ヒイラギモクセイの葉っぱなどを集めました。

皆さんいいリースを作るために森の中の落ち葉を掻き分け、真剣に探していました。

気分はまさに餌を探すリスですね!!

その後はお待ちかねリース作り。

何も装飾されていないリースに拾ってきたものを飾り付けていきます。

一人一人すばらしい作品を作ってくれました!!

残念ながら現在の金川の森にはリスは確認できていませんが、

中央高速道路が開通するまではいたかもしれません。

実際に昭和40年ごろまでは笛吹市内、またその周辺にいました。

そのころは「リス」ではなく「キネズミ」と呼んでいたそうです。

現在の金川の森にはリスが十分に暮らせるほどのどんぐりや松ぼっくり、木の実などが落ちています。

またいつこの森にリスが戻ってくるかわかりませんが、戻ってきたときのために

この豊富な植物、樹木を守っておきたいですね。

公園ブログ内から検索